原 菜摘

画家/写真家

 

名古屋市生まれ。父、彫刻家の原裕治から彫刻、絵画を学ぶ。

愛知県立芸術大学美術学部彫刻科卒業後、ベルリン、ニューヨークに行き、特にヨーロッパの文学、絵画、クラシック音楽に影響を受ける。

彫刻するように絵画を描き、絵画を描くように写真を撮る。

闘病生活の中で見てきた自然の神秘などをテーマに制作。カトリック新潟教会などに作品がある。

 

 

 

Natsumu Hara

Painter / Photographer

 

I was born in Nagoya city. I was trained by my father, a sculptor Yuji Hara in sculpture and painting. After graduating from the Department of Sculpture, the Faculty of Fine Arts, Aichi Prefectural University of Arts, I stayed in Berlin and New York. I was inspired by European literature, paintings, and classical music. I draw and paint as if I carved. And also I take pictures as if I drew and painted.

I have created works of art featuring the mystery of nature that I have seen during my struggle against illness. There are some works such as in Christ the King Cathedral, Niigata.

 

 


影がなければ光は存在しない。


私は画家として黒の中の黒、究極の闇を追求し死の世界に傾倒した。

その結果、健康を害し、一時は芸術活動はおろか、生命の危機にまで直面した。

しかし、長い闘病生活は、死に憧れていた私に生を渇望する自分を見出させた。

私は太陽を欲し、花を愛し、自然の神秘に触れた。

今、私は光の世界にいる自分を見る。

 

 

原 菜摘

Pas d’ombre sans lumière


En tant que peintre,

poursuivant le noir dans le noir, l'obscurité du vide,

Je me suis vouée au monde de la mort.

Comme résultat, ma santé a décliné.

À un moment donné, mes activités artistiques

Et ma vie même étaient en danger.

Mais au bout d’un long combat contre la maladie,

Moi qui aspirais à la mort,

Je me suis découverte assoiffée de vie.

J’ai désiré le soleil. J’ai aimé les fleurs.

J’ai tâté au mystère de la nature.

 

À présent, je me vois dans un monde de lumière.