時は身を傾けて、わたしにふれる、
あかるい金属のひびきをたてて、
感覚はふるえる、
わたしは自分の可能を感じ
そして造形の昼をつかむ。

リルケ

 

 原菜摘の新作写真作品展「APHRODITE」に寄せて


有り余るほどの造形才能を発揮し木彫の傑作を次々と発表していたが、壮年にして病魔に仆れた彫刻家、原裕治─そのような父から美術家としての熱血を受け嗣いだ原菜摘の中で、それがどのような新しい創造の花を咲かせることになるのかは、父上の生前の活動を身近にしてきた筆者には、大きな関心事であり続けてきた。次代への継承は、伝統的な技能の伝達を必要とする領域もあるが、現代における美術領域は広汎で、特に独創性が尊ばれる以上、素のままの自分自身との向き合いから、改めて方向性の選択が始まることになるのであって、本人にとっても悩ましいところであろう。
  原菜摘はひとまず、父に準じて愛知県立芸術大学を卒業したが、父の早世を契機にあらためて美術の全分野とその周辺領域を見直すことに没頭する。その深度と多岐性を知れば知るほど、巨大な迷宮の中に自分自身を見失う事態に陥ったと言うのだ。父を含めて膨大な先人たちの築いてきた業績に何か新たに付け加える余地があるのか、という素朴な疑念が誠実に考えれば考えるほど肥大化し、身動きもできないほどの閉塞感に押さえつけられる日々が数年も続くことになったのだと言う。だが幸いにして東洋医学によってそれが救われることになった。
  抑鬱につながる経絡を調整する治療が奏功したのだろうか。それとともに、何げなく咲く花の何げなさにひそむ意味─造化の不思議さを見とどけることの大切さに菜摘は気付くことになったという。染織の第一人者で、自然への洞察力の高さに私も畏敬の念を捧げる志村ふくみのエッセイに「語りかける花」があり、そこにも人知れず咲き人知れず散ってゆく野の花にも造化の神は手を抜くことなく、時に応じ語りかける力を持っていることを指摘しているが、菜摘も花のささやきに応じてカメラを向けることになったに違いないのだ。
  私の視野からしばらく遠ざかっていた菜摘が、<花>に特化した写真作品のポートフォリオを持って現れたのは昨年の10月頃だった。11月にギャラリーラウラで花をテーマにした写真展を開催することになったので案内状に小文をとの要請のためだった。様々な花のクローズ・アップは、時に清楚、時にあでやかな気息を感じさせられるほどのほの温かさを漂わせていた。写真家への見事な転身ぶりに驚くばかだった。今回は<花>に加えて、佳人の気配を感じさせる優美で瀟洒なグラスが卓上を飾る静物写真も加わり、透明度の高い詩的空間表現をさらに進めたように思う。原菜摘はベルリンに滞在経験があり、そのときの師からリルケの詩の一節を心にとめるように奨められたとのことだが、先ほど本稿中にも記した志村ふくみはリルケ精読の上で、それを自己の美学にどう反映させたかを一冊にまとめた著作があるほどの傾倒者。前出の「語りかける花」の中の「身近きものの気配」と題する一文には冒頭に「われらは見えるものの蜜を夢中で集めて、それを見えざるものの大きな蜜槽に備える」というリルケの言葉を掲げたものがある。菜摘の<花>の作品写真にも当てはまる言葉として最後に付け加えておきたい。

 

馬場駿吉

美術評論家/元名古屋ボストン美術館館長

 

APHRODITE展     2021. 10.2(sat) - 12(tue)  

12:00-19:00   10.6(wed)休廊   最終日は17:00まで

ギャラリーラウラ

 

大変光栄なことに私の作品"一本の麦"がカトリック東京大司教館に飾られることになりました。

この作品はアーティストとして、また一人の人間としての私の根幹をなすものです。
 一粒の麦もし地に落ちて死なずば、ただ一つにてあらん、死なば多くの実を結ぶべし


I am great honored that my work "a Wheat" will be displayed at the Catholic Archdibishop's House In Tokyo.

This work is at the core of who I am as an artist and as a person.

unless a grain of wheat falls to the ground and dies, it remains by itself. But if it dies, it produces much fruit


 

花の写真家としての復活—原菜摘に

 

 画家としてのただならぬ閃きに注目していた原菜摘からの音信が絶えて数年—

その動静が気になっていたところ、このほど被写体を花そのものに限った写真ポートフォリオを持参して、元気そうな姿を見せてくれた。

 花の様々な姿態や細部にカメラを向けることによって体調不良を克服され、今回その写真作品展を開くことになったという。

 早速その写真の花々が漏らす生々しい吐息にふれつつ、眼を蜜蜂のように作品から作品へと移動させてゆくと、ロイヤルゼリーにも似た愉楽が身の内に湧き出して来るのを感じて驚く。花のいのちと、それを写し撮る人のいのちが一体化されるカメラを手にした原菜摘。その見事な復活を祝福したい。

 

馬場駿吉

美術評論家/元名古屋ボストン美術館館長